スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七夕の妄想(腐れ注意)

昨日は七夕でしたね~
わりと天気はもってたので
織姫と彦星は会えたのかしら~なんて思いつつ
(まぁ。お空では天気なんて関係ないでしょうけど)
自分的には気力ダウンな一日だったので
脳内1827妄想で補給してました(笑)

せっかくなので書いてみましたが
1827&会話のみの残念な内容なのでご注意を
おまけで山獄もあります(笑)



七夕の日、学校内で
(学校で笹飾りって小学校かい(笑)
中学はあんまり飾らないだろな~)
短冊を書くツナとそこに通りかかった雲雀さん

「何してるんだい?沢田綱吉」
「あ、ヒバリさん
今日は七夕なんで短冊を書いてたんです」

『10年後もヒバリさんと一者にいられますように』

「・・・・」
「ヒバリさん・・?」
「君・・本当に馬鹿なの?」
「(ガーンΣ(T□T))」
「こんな紙切れひとつで願い事が
叶えられると本気で思ってるの?
・・後、そこ(一緒)の字、間違ってるから」
「(あっ!ホントだ(>△<))
ほ・・本気で叶うなんて思ってませんっ
でっ、でも・・10年後の・・オレは・・・」
「そんなものに願いを託さなくても
そうなる(未来が変わる)ように
(10年後の)僕が動いてあげたんでしょ」
「えっ」
「・・・本当に馬鹿だね。君は
そんなものを信じられても
僕(達)のことは信じられないの?綱吉」
「ヒバリさん・・」

君の願いは僕が叶えてあげるよ、綱吉

君がこの世界からいなくなるというのなら
僕が君にふりかかる全てのモノをカミ殺してあげるから


おまけ(笑)
短冊書いてる十代目から
少しは離れたところにいた山獄(笑)

「くそ~、雲雀の野郎っ
右腕のオレを差しおいて十代目と何話してやがる!」
「まーまー、獄寺落ち着けって
で、おまえはなに書いたんだ?」
「っ(〃△〃) ・・うっせぇ!野球馬鹿!
てめぇなんかに誰がみせるか!!」

(これからも十代目の右腕としてお傍にいられますように
・・・まぁ。ついでに野球馬鹿が一緒でも許してやる)



とあほな脳内妄想でした(笑)
(結局は10年後もお互い一緒にいたいと思ってる
ヒバツナな感じの話でございますよ)
後々考えるとそれを学校の笹に飾る気か!?ツナ&獄寺(笑)
なツッコミどころ満載話ですが
ちなみに双葉は短冊にお願い事は書く派です
(よくお参りにいく神社があったりと割と信じるタイプです)
雲雀さんは短冊(正確には天の川へのお願いですが)
とか信じないというか、神頼みする前に自分で叶えるよ
な感じかな~とか思いつつ
(あ、でも並盛神社の下に基地の入り口作るぐらいだから
意外と神棚とか飾ったりとかしてそう?
(草壁さんはしてそうなタイプですが))
10代目は受験時とかにママンとかが
お守りとかいっぱい持たせそうな気がします(笑)
山本は願掛けぐらいはしそう
で、獄寺は信じてなさそうにみせようとしてるけど
結構信じてるタイプな気が(珍獣七不思議好きだしw)
スポンサーサイト

Comment

Secre

プロフィール

双葉もみじ

Author:双葉もみじ
++++++++++++++++++++++
声優の関智一さんを
こよなく愛するへたれ人間

最近の腐れ思考は
並盛中風紀委員長と
ビタミソの-が熱いらしいです

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

リンク

色々(○・з)oO


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。